2020年06月09日

ローエンドオーディオの終着点!?〜13センチ可変ダクト型SDDBHスピーカーシステム

完成から1日半経過で音が纏まってきました。

今回採用した乙形音道は、宇都宮手作りオーディオ会でのマイペースさんの「Feastrex Nf-5が使えるDDBH」という言葉がヒントになりました(感謝)
Feastrex Nf-5の巨大な磁気回路に対応できる構造が必要不可欠ですが、何とか乙形に辿り着けました。
出音は乙形音道が功を奏したようで、バックロードの癖、フルレンジのウイークポイントは皆無です。





尚、SDDBHだとバスレフでは逆立ちしても出せない音が聴けますので、自作好きな方なら一生に一度は作ってほしいと思います。
例えば、マークオーディオの15cmクラス純正バスレフシステム(NC11等)と10cmSDDBHはトータル性能で良い勝負になりますが、マークオーディオの15cmクラス純正バスレフシステムと13cmSDDBHでは全く勝負になりません。そのくらいの差が有るんですが聴いたことない方には分かりようがないですね(笑)

それにしても2台分、3万5千円の材料費でコレだけの音が聴けるとは想定外でした。
アルペア10Mの潜在能力とSDDBH方式が上手くマッチしたようです。

最後に、テンプテーションの音源と3m録音の比較です。

SDDBH-T13.5R-AD+alpair10m-doutokusei.jpg

ハンディレコーダーだと100Hz以下が正確に録音できないんですが、さすがに13cmだとシッカリと超低音まで出ているようです。
ローエンドオーディオなら13センチSDDBHで打ち止めかな(笑)
posted by masamasa at 11:33| 自作スピーカー

2020年06月07日

SDDBH-T13.5R-AD(可変ダクト型スタガー・ダンプダクト・バックロードホーン・)の周波数&インピーダンス特性

SDDBH-T13.5R-AD-tokusei-04.jpg
完成したので各特性を測定。
ダクト面積はショート、ロングとも67.5cu。

■周波数特性(軸上1m)
SDDBH-T13.5R-AD-tokusei-01.jpg

■ダクト開口部特性
SDDBH-T13.5R-AD-tokusei-02.jpg

■インピーダンス特性
青線=ダクト面積67.5cu
赤線=ダクト無し
SDDBH-T13.5R-AD-tokusei-03.jpg

音はワイドレンジで強調感の無い低域が特徴。
私のようなドンシャリ好きには物足りない(笑)
posted by masamasa at 20:27| 自作スピーカー

2020年06月06日

スタガー・ダンプダクト・バックロードホーン(SDDBH)の簡素化(と言えるのか?)

簡素化といっても2枚仕様(半分の厚さ×2枚)だった中央仕切り板を1枚仕様にしただけなんですが・・・(^^)
今まではショート側、ロング側とも側板と中央仕切り板で挟んでから合体させていましたが、今回はロング側は側板のみ、ショート側は中央仕切り板のみで組み立て、ロング側にショート側を載せて中央仕切り板からネジで合体させます。
更にショート側の側板を取り付けて、最後にバッフルで完成です。

今日はロング+側板、ショート+中央仕切り板を各2セット(左右対称に)が完成しました。

2020-06-06-01.jpg
2020-06-06-02.jpg

自画自賛になりますが構造を見ていると如何にも良い音が出そうです(笑)

■SDDBH-T13.5R-AD【設計図】
SDDBH-T13.5R-AD-01.jpg

■SDDBH-T13.5R-AD【板取り図-1】
SDDBH-T13.5R-AD-02.jpg

■SDDBH-T13.5R-AD【板取り図-2】
SDDBH-T13.5R-AD-03.jpg

■SDDBH-T13.5R-AD【ビス(クギ)打ち図-1】
SDDBH-T13.5R-AD-nailpoint.jpg

さ〜て、明日は音出しまで行けるでしょうか?
posted by masamasa at 20:16| 自作スピーカー

2020年06月05日

久々の大物製作開始〜SDDBH-T13.5R-AD

作り始めて気が付いたんですが、この箱は面倒です。
本日はショートホーン部の方チャンネル分しか出来なんだ(笑)

SDDBH-A10-01.jpg

今年から導入したコードレスフィニッシュネイラを積極的に使ってます。
合板の木口には効きが悪いのでガンタッカーとインパクトドライバーを補助的に使います。

SDDBH-A10-02.jpg

今回は角同士の接合、角と面の接合がありますが、フィニッシュネイラとガンタッカーでしっかりと固定できます。
本来なら角度切りで隙間無く繋ぎたいのですが私のスキルでは無理。
今までも直角切り部材を適当に組んでも不具合は感じなかったので、今回も何とかなるでしょう(をぃ)

SDDBH-A10-03.jpg
SDDBH-A10-04.jpg

SPターミナルは市販品で、ナットとワッシャーを真鍮に交換してます。
これで磁石に付かない非磁性ターミナル完成。

SDDBH-A10-05.jpg
SDDBH-A10-06.jpg

さ〜て、あと何日掛かるでしょうか!?
posted by masamasa at 22:46| 自作スピーカー

2020年05月28日

音を飛ばすコツが分かってきた(ような気がする、、、笑)

近くで聴いても五月蠅くならず、遠くで聴いても鮮度が落ちない音を出すのは難しいものである。

同一音源・距離違い録音【1-1】〜Temptation / Diana Krall■1メートル■


同一音源・距離違い録音【1-2】〜Temptation / Diana Krall■2メートル■


同一音源・距離違い録音【1-3】〜Temptation / Diana Krall■3メートル■


■録音はタスカムDR-07mkU(AB方式、16bit、44kHzでピークリダクション録音)、録音ポイントはSPから1m、2m、3m。 再生プレーヤーはAIMP3。

■使用機器

自作PC(WinXP-home、32bit、フルファンレス仕様)

↓ (自作・信号電源分離USBケーブル[ノンシールドタイプ])

CEC DA5(DAC)

↓ (自作XLRケーブル)

Nmode X-PM7(1bitデジタルアンプ)

↓ (自作8段ラダー型スピーカーケーブル)

MarkAudio OM-MF519(BOX : HB-08F)


※2020/05/28追記
録音データから再生特性を抜き出してみましたが、3mの特性が良い感じです。
通常のリスニングポイント(SPから3.4m)に合わせてチューニングされた部屋なので3mの特性が良いのは不思議じゃないんですが、高音が落ち込まないのが解せない、、、ぅ〜む( ̄? ̄ )。o0○


temptation-tokusei.jpg

※2020/05/29追記
録音情報の追記です。
各距離でのアンプのボリュームは同じ位置で、レコーダー側で録音レベルを調整してます。
3mでは録音レベルがほぼMAXになります。
28日追記の画像ですが、50Hz以下は暗騒音になります。
録音レベルが一定で、音量をアンプ側で調整すると暗騒音レベルはほぼ同じになり、レコーダー側でアッテネーションすると暗騒音のレベルが違ってきます。
生録の経験があるかたなら、各距離の再生特性を見ただけで凡その録音状況の見当が付くと思います。


※2020/05/30追記
高域の減衰を抑えて出来るだけ同一条件にするため、スピーカー軸上からの角度を目検討で合わせています。
SP-utiburi.jpg
posted by masamasa at 06:02| ローエンドオーディオの『コツ』

2020年05月26日

CDに最適な保存方法は?

名曲を聴く会(現在はコロナの影響で自粛中)を始めてから、アチコチからCDを頂くようになりました。
昨日も帰宅したら一箱届いてまして、提供者に確認したところ息子の持ち物で物置小屋から出てきたそうです。
CD01.jpg

段ボール箱はヨレヨレで湿気の多い環境に置かれていたようです。
ディスクを確認すると白く靄っとしたカビのようなものが・・・(笑)
CD02.jpg
軽くこすっても取れないようなので上手く再生できるか不安になります。
いずれにしてもコレまで提供いただいた中では最悪のコンディション、やはり低湿度の冷暗所ってのが保存には一番適してるのかな。
posted by masamasa at 09:14| ひとり言(ぼそ)