2017年11月24日

パッシブ・サブウーファー「DDBH-PSW-100-rev2」の使いこなし♪

AS-DDBH方式サブウーファーは低い周波数で無理やりストロークさせるので大きなパワーを入れると破損の恐れがあります。構造的に振動板が見えないので保険でタングステン電球によるリミッターを掛けます。
FOUNTEK FW100Bの定格入力は35Wですが、余裕を見て12V、10Wの電球x2を接続。
DDBH-PSW-100-rev2-07.jpg

今回使った電球は日産純正品ですが、小糸、スタンレー等の車外品でも全然OK。
ちなみに日産純正は100個で9,000円(12V、10W、T10x31)、13,000円(24V、10W、T10x31)なので1個あたり90円、130円になります。(いずれも税込み)
DDBH-PSW-100-rev2-08.jpg

尚、サブウーファー用に専用パワーアンプ、チャンネルデバイダー等があれば理想的ですが、1台5千円のサブウーファーには勿体無いですね。
そんな訳で、基本的にはメインスピーカーと並列接続で使います。

今回使ったウーファー(FOUNTEK FW100B)のインピーダンスが8Ωで、メインスピーカー(PEERLESS PLS-P830985)のインピーダンスが4Ωなので、並列接続で2.67Ωになります。
AVアンプのローエンド機種には2.67Ωじゃ低すぎるので、総インピーダンスを上げてやったほうが安心できます。
そこで、メインスピーカーにリミッターを兼ねたインピーダンス補正をします。
出来るだけコストを抑えたいので、ウーファーと同じ車用の室内灯を使います。
12V10Wの直流抵抗が約1Ω、24V10Wの直流抵抗が約6Ωなので、これらを組み合わせてインピーダンス補正をします。
DDBH-PSW-100-rev2-09.jpg
6.5Ωと8Ωの総合インピーダンスは3.59Ω、7Ωと8Ωの総合インピーダンスは3.73Ωになります。
4Ω対応アンプなら全然OKですし、6Ω対応アンプでもリミッターが掛かるのでイケると思います。

ちなみにメインSP補正前のメイン+ウーファーの総合特性です。
ケースバイケースで正相、逆相、開口部の位置を選択します。
DDBH-PSW-100-rev2-06.jpg
posted by masamasa at 23:07| 自作サブウーファー

2016年09月09日

DDBH式サブウーファー〜設計のツボ【2016-09改訂版】

■DDBHサブウーファーの設計イメージ
AS-DDBH-image-2016-09.jpg
最終的に組み合わせるスピーカーと設置環境に合わせて開口部ダクトの調整が必要になります。
「メインと上手く繋がればラッキー」くらいに考えておくと気が楽です(笑)

■DDBHサブウーファーに適したユニット
ウーファーでもフルレンジでも能率の差が大きくても、100Hz以下の音圧に大きな差はありませんが、、、
50〜100Hzの音圧が高めのユニットを選びます。
出来るだけ中高音の漏れは押さえたいので、オーバーダンピングなハイ上がり特性のユニットは基本的に不可。
フルレンジならバスレフ向きのユニット、ウーファーなら振動系の等価質量が重過ぎないユニットが吉。
メインとの音色的繋がり重視なら『ウーファーにもメインと同じユニットを使う』の一択(笑)

【参考資料】
■20cmクラスDDBHサブウーファー向けドライバーの考察
DDBH-sub-woofer-better-driver-01.jpg

DDBH-sub-woofer-better-driver-02.jpg
posted by masamasa at 22:25| 自作サブウーファー

2016年09月07日

21cm・DDBHサブウーファー「DDBH-PSW210」

流石に20cmクラスになるとデカイです。
メーカー製パワードウーファーは小型で15Hzが再生出来てアンプ内蔵、、、
ぅ〜む、自作じゃ相手になりません(笑)

■DDBH-PSW210設計図
DDBH-PSW210-01.jpg
方式:AS-DDBH
   (アコースティック・サスペンション+ダンプダクト・バックロードホーン)
サイズ:W.342xH.1180xD.450(mm)
再生周波数帯域:15〜100Hz
【密閉部】
内容積:31L
【DDBH部】
空気室容積:9L
スロート面積:195cu
ホーン開口面積:699cu
ホーン長:214cm
ダクト面積:60〜246cu
ダクト長:15.1cm
【推奨ユニット】
TangBand W8-2145
TangBand W8-1722
HiVi M8a
FOSTEX FF225WK
他、21cmクラスウーファー、フルレンジ
 (推奨振動板面積=200〜250cu)
【推奨メインスピーカー】
能率96dB/w・m以下、爆音再生OK?

■DDBH-PSW210板取り図-1
DDBH-PSW210-02.jpg

■DDBH-PSW210板取り図-2
DDBH-PSW210-03.jpg
posted by masamasa at 22:08| 自作サブウーファー

2016年09月06日

14〜15cm-DDBHサブウーファー「DDBH-PSW140」

14〜15cmになると低域音圧が高く、耐入力も大きくなるので大音量でもいけます。
が、、、爆音はど〜かな〜???
組み合わせスピーカーの能率的には93dB位まではいけそう(笑)

■DDBH-PSW140設計図
DDBH-PSW140-W5-2143-01.jpg
方式:AS-DDBH
サイズ:W.230xH.900xD.400(mm)
再生周波数帯域:20〜100Hz
【密閉部】
内容積:14L
【DDBH部】
空気室容積:3.9L
スロート面積:80cu
ホーン開口面積:410cu
ホーン長:192cm
ダクト面積:20〜140cu(可変)
ダクト長:13.5cm
【推奨ユニット】
TangBand W5-2143
MarkAudio Pluvia Eleven、他
【推奨振動板面積】
85〜110cu

■DDBH-PSW140板取り図-1
DDBH-PSW140-W5-2143-02.jpg

■DDBH-PSW140板取り図-2
DDBH-PSW140-W5-2143-03.jpg
posted by masamasa at 20:17| 自作サブウーファー

2016年09月04日

音楽再生用10cm-DDBHサブウーファー「DDBH-PSW100」

DDBH-PSW100はサラウンド的なズンドコ低音は苦手なので基本的に音楽専用です(笑)

■DDBHサブウーファー設計のツボ
BSDDBH-image-01.jpg

■DDBH-PSW100設計図
DDBH-PSW100-01.jpg
サイズ:W.200xH.645xD.350(mm)
再生周波数帯域:25〜100Hz
【密閉部】
内容積:6.5L
【DDBH部】
空気室容積:2L
スロート面積:42.5cu
ホーン開口面積:272cu
ホーン長:167cm
ダクト面積:13.6cu〜68cu
ダクト長:11cm、14.5cm
※推奨メインスピーカー:能率90dB以下
※推奨音量:大音量以下(爆音だと壊れます、、、笑)

■DDBH-PSW100板取り図-1
DDBH-PSW100-02.jpg

■DDBH-PSW100板取り図-2
DDBH-PSW100-03.jpg
posted by masamasa at 22:11| 自作サブウーファー

2016年09月03日

DDBHサブウーファーの検証〜其の2

前回の検証では既存箱のユニット正面に2.3リットル密閉箱を取り付けてウーファー箱としましたが、2.3Lではチョイ小さすぎたか音はイマイチでした。

今回は新たに5.2Lと8.1Lのバスレフ、密閉共用箱を取り付けて検証。
DDBH部のダンプダクト断面積は18.8cuで固定。
バスレフダクトは断面積16cu×10〜20cmの3種を比較して、中間の16cm長が良い感じでしたが、、、
バスレフ仕様は中高音の漏れが多いようです。
低域の伸びは密閉有利、量感はバスレフ有利ですが、、、
調整次第でイロイロと対応できそうです。

■DDBH+8.1Lバスレフor密閉箱の周波数特性(軸上1m)
Sub-Woofer-tokusei-01.jpg

続いて、各種スピーカー+DDBHサブウーファー(密閉仕様)のf特性です。
接続はメインSPと同相で並列接続になります。

■ScanSpeak 5F-8422T03[並列接続](能率80dB)
Sub-Woofer-scanspeak-5F8422T03-01.jpg

■FOSTEX M800[並列接続](能率82.5dB)
Sub-Woofer-fostex-m800-02.jpg

■MarkAudio Pluvia Seven[並列接続](能率85.843dB)
Sub-Woofer-markaudio-pluviaseven-03.jpg

■TangBand W3-881SJF[並列接続](能率88dB)
Sub-Woofer-TangBand-881SJF-04.jpg

■FOSTEX FE126En[並列接続](能率93dB)
Sub-Woofer-fostex-FE126En-05.jpg

ウーファーのユニットにはPluvia Seven(能率85.843dB)を使っていますが、100Hz以下の音圧が高めなので能率90dBくらいのスピーカーなら問題無く使えそうです。
聴感では良い感じですが、流石に93dBのFE126Enには音圧不足かな(笑)
posted by masamasa at 17:03| 自作サブウーファー