2021年04月10日

音楽再生用Win10カスタマイズ〜その後【やっぱりWin10はダメだわ〜苦笑】

ぅ〜む、、、何だかんだで以前よりは良くなったけど時々フォルダが重くなったり再生プレーヤーの反応が悪くなったりします。
例えば、フォルダを開くのに以前はクリック後タイマーバーが出て7〜8秒後に開いていたのが、今は「処理中です」の表示が出て3〜4秒後に開きます。
もちろん通常はサクサク動くんですが、時々重くなるのが何んともストレスです。

ってことで、今までの経過を纏めてみると、、、

1.時間が経つと外付けHDDの電源が切れるので切れないように設定(大分前に気が付いて修正済み)

2.読み込みが遅くなる原因と考えられる「インデックス作成」を無効化

3.対象フォルダ内の全インデックスを消去


といった感じで以前より大分良くなりましたが、Win10はWinXP、Win7のパフォーマンスには遠く及ばない。
音質的にはWinXPが一番良いんですが、最近のUSB-DACには対応できません。
現在は据え置き型フルファンレス仕様のWinXP機がオーディオ用のメインPCで、使っているDAC(CEC DA5)だと384kHz、24bitまで対応できるので問題無いのですが行く行くはWin7に移行することになると思います。

もっともWin10とWin7では音質的に大きな差は無いので、Win10の使い勝手&パフォーマンスが良くなれば一気にWin10がメインになる可能性もあります。
いずれにしても当分はWinXPを使いますが、先行きは不透明ですな。まるで今の日本みたい、、、というか派遣が解禁された時点で日本経済は終わってるけど(笑)

※2021/04/11追記
4台のWin10機で検証しましたがすべて同じ症状が出ることが分かりました。
やはりOS自体の欠陥と思われます。
音質自体は問題無しなので非常に残念です。
ってことで、Win10機で再生してみました(^^)


posted by masamasa at 20:36| 自作PC

2021年04月08日

インデックス作成を無効化して見たけど、、、!?

昨日「インデックス作成の無効化」を実行してみましたが、常時接続している外付けドライブ(3TB-HDD)はPC起動から時間が経つと相変わらず重い。
インデックス削除01.jpg

ドライブのプロパティを見てみたら、、、
なんと!!!、、、
「このドライブ上のファイルに対し、プロパティだけでなくコンテンツにもインデックスを付ける」にチェックが入ってました。
インデックス削除02.jpg

なるほど既に作られたインデックスは削除しなきゃならんのですね。
普通こんなとこ気にしないよね〜(笑)

ってことで、チェックを外してOKボタンを押すと、、、

「属性変更の確認」という画面が開きました。
インデックス削除03.jpg

「変更をドライブE:\、サブフォルダーおよびファイルに適用する」をチェックしてOKボタンをクリック。

あらら〜処理にしばらく時間(3TBで1〜2分?)がかかります。
インデックス削除にコレだけ時間がかかるとは驚き、そりゃ読み込みも悪くなるわけだ。

ってことで、終了後はサクサク読み込めるようになりました(喜)
それにしても速く読み込むためにインデックス付けてるのに、逆に遅くなるのは何でだろう?
まさに「小さな親切、余計なお世話」
posted by masamasa at 13:17| 自作PC

2021年04月07日

音楽再生でストレスが溜まってしまうWindows10をカスタマイズしてみた( ̄^ ̄)

Windows10pro(CPU:core i5-3.3GHz,Memory:24GB,Drive:SSD-1TB)で外付けドライブ(2TB-HDD)の音源を長時間再生しているとスキップ時にプチノイズが出たり、選曲が重くなったり、音源の入ったフォルダがなかなか開かなかったりして、ストレスが溜まります。
ドライブの不調かと考え調べてみてもドライブは問題無し。さらに同ドライブをWinXP、Win7で使ってみましたが全く問題無いので、Win10自体に問題が有るようです。

で、色々調べてみたら「Win10のインデックスサービス」で外付けドライブが重くなるという情報を発見しました。
そんなこんなで大好きな無効化作戦を発動しました(笑)
以下のような手順で作業しました。

■Win10インデックス作成の無効化手順■
1.キーボードのWindowsボタンを押した状態でRボタンをを押す 。
2.「services.msc」と入力してOKボタンをクリック。

Index disable-01.jpg
3.[サービス]ウィンドウで、 [Windows Search]までスクロールする 。
Index disable-02.jpg
4.[Windows Search]を右クリックして選択。
5.[停止]をクリック。

Index disable-03.jpg
6.上作業が完了するまで待機。
7.[Windows Search]を右クリックしてプロパティを開く。

Index disable-04.jpg
8.[スタートアップの種類]から[無効]をクリック。
Index disable-05.jpg
9.OKをクリックして、終了後PCを再起動。

結果、大変良い感じになりました。
それにしても起動時のインデックス作成で重いのは分かるんだけど、一度インデックス作成された外付けドライブが時間が経つと重くなるのは何故なんだろう?
相変わらずWiodows10は謎だらけです。
こうなると益々「WinXP、Win7は良いOS」という認識が強くなります。
ガンバレWin10(笑)
posted by masamasa at 13:16| 自作PC

2020年10月17日

音楽用メインPC【2020バージョン】

約10年使ったPCのドライブを総入れ替えして2020バージョンになりました。
PC2020-01.jpg

●内部構成
-------------------------------------------------------------------

CPU:AMD Athlon II X2 Dual-Core 240e (2800MHz,45W)

Mother:ASUS M4A88T-M LE

メモリー:CFD W3U1333Q-2G (DDR3 PC3-10600 2GB)x2

SSD:CFD CSSD-S6M512CG3VZ (512GB) x1
   SanDisk SSD PLUS(2TB)x2

PCケース:ANTEC NSK2480

DVD:LGエレクトロニクス GH24NSD1

CPUクーラー:サイズ KABUTO SCKBT-1000(ファンレス運用)

電源:スーパーフラワー SF-500P14FG

OS:Windows XP Home SP3 32bit

-------------------------------------------------------------------

HDDからSSDへの変更で完全無音になりました。
音自体もSSDの方が透明感があります。
デジタルデータを入れとくだけなのに何故音が変わるのか不思議です。
もっともUSBケーブルでもカナリ変わるので、ドライブで違った音が出るのは不思議でも何でもないか(笑)

また、DVDドライブはリッピング時のみの使用なので、殆どの時間でスピンドルレス&ファンレスでの運用になります。
消費電力は音楽再生時で約50W、デスクトップ用PCとしては低消費電力。
音楽再生時のCPU使用率ですが、44kHz、16bit出力だと10%を切りますが、384kHz、24bit出力だと11〜16%くらいになります。
aimp3-xp.jpg
それでも全然余裕でモタツキ、音飛びは皆無です(コレは普通ですね、、、笑)
それにしても静かでイイわ〜(^^)
posted by masamasa at 08:38| 自作PC

2020年10月13日

音楽データ用・内臓HDDをSSDに換装♪

音楽用メインPCに追加したHDDですが、最初は大変静かでしたが二週間ほどでカリカリ、シュルシュルと音がしだしました;;;
友人が「最近のHDDは仕様が変わって良くない」と言ってましたが、ハズレを引いてしまったか!?

気になって仕方がないので思い切ってSSDに乗せ換えました。
取り外したHDDはそのままバックアップ用で保存です。
HDD-SSD-01.jpg
HDD-SSD-02.jpg

これで完全な無音PCとして復活です。
心なしか出音も良くなったような気がするから不思議なもんです(笑)
出音は変わらなくても静かになった分だけ良く聴こえるのかも?
posted by masamasa at 20:05| 自作PC

2020年09月28日

今どきのHDDは・・・!?

今まで7200rpmのHDDを使っていましたが、今回の音楽データ用HDDは5400rpmのTOSHIBA最新機種。
お値段は2TBで5,500円と大変お買い得でした。
DT02.jpg

最近のHDDは「容量は大きいが五月蠅くて壊れやすい」というイメージでしたが、この機種はいたって静かです。
50cm離れれば走行音は全く聞こえません、、、これはイイですね。(※)
資料によると走行音は21dBだそうです(笑)

この静けさが長く続いて、且つ何時までも壊れないでいてほしいもんです。
いきなりクラッシュするのだけは勘弁願いたい(IDE接続HDDは丈夫で長持ちだったな〜、、、笑)


※年初めから耳の治療を続けていましたが、9月25日にて終了。当初は難聴の入り口付近の聴力でしたが、最終的に低音〜中音は40代、高音(8kHz)は30代の聴力まで復活?しました(実年齢よりカナリ良い聴力に先生もビックリ)
posted by masamasa at 10:21| 自作PC