2020年05月19日

6cmフルレンジ用ハイパーバスレフ箱「HB-06F」

6cm〜15cm用ハイパーバスレフを一通り作りましたが概ね想定通りの音が出ました。
6cm箱はデスクトップ用を想定し、高さを30cm前後、幅&奥行きは出来る限り小さくしました。

■HB-06F外観(ユニットはPioneer OMP-600)
HB-06F-02.jpg

■設計図
HB-06F-01.jpg

■インピーダンス
imp-hb06f-omp600.jpg
ダクト共振は90Hzで、計算値より10Hz低い数値です。
ハイパーバスレフはシングルバスレフとダブルバスレフの中間的な位置付けですが、計算値より低くなるのはダブルバスレフの要素が強いのかな。
面倒なので周波数特性は割愛(笑)
結果的にはデスクトップスピーカーとしては必要十分な低音が出ているのでサブウーファーの追加は不要と思います。


※2020/05/26追記
■HB-06FのYouTube動画

6cmハイパーバスレフスピーカーで聴く〜「いとしのエリー(Ellie, My Love)」≪ジャズアレンジ≫
posted by masamasa at 20:02| 自作スピーカー

2019年12月19日

8cmフルレンジの可能性を考えてみる〜メインスピーカーとして使えるの?

たかが8センチ、されど8センチ、、、8cmフルレンジはどこまでつかえるのか?

最近の8cmフルレンジの能率は低くなりましたが、帯域バランスが良くなってクオリティーも高くなってきました。
各地のオフ会等の広い会場でも必要最小限の音圧が得られますし、今年から始めた「名曲を聴く会」(35畳和室使用)でも耳の遠くなったお年寄りが楽しむに十分な音量が出せます。
また、クオリティーに関しては上流次第でカナリの高音質が期待できます。
オーディオマニアの方には物足りない部分も多く出てくるでしょうが、一般人には十分にオーバークオリティと考えられます(笑)
8cm-fullrange.jpg

さて、8cmフルレンジを考えるに一番の問題は「メインスピーカーとして使えるか?」ってことになると思います。
そもそも「メインスピーカーって何よ?」ってことから考えてみると、数十畳の広い部屋で使うスピーカーだったり、デスクトップで使うスピーカーがメインだったりと、定義の個人差が大きかったりします。
もちろんデスクトップ限定なら8cm一発で十分な音が得られますが、部屋が広く、距離が遠くなるにつれ最大音量の問題が出てきます。
もっとも常用音量も個人差が大きい部分ではありますが、一般的な使用を考えると12畳以下の部屋でなら8cmでも十分な音量が得られると思います。
8cm一発でも音量だけなら十分メインとして使用できそうですが、オーケストラ再生での低域レンジやらスケール感やらを求めるとなると、いささか無理があるような感じでしょうか。
結果、メインスピーカーになりうるか?は使い方と使う環境、何処まで求めるかなので、人それぞれで答えが違ってくると思います。

こういった微妙な立ち位置の8cmフルレンジですが、市販されているユニット数も、対応するエンクロージャも雑誌付録品を含め数が多いので導入しやすいと思われます。

雑誌付録のOM-MF5(519)用のボックスを調べてみましたが、ガレージメーカー、オークションの業者などの製品が目白押し(笑)
良さそうな箱はバスレフ、ダブルバスレフが殆どですが、サイズ的には結構バラツキがあります。
で、チョイ比べてみます。

MF5-BOX.jpg
オントモムックBOXキット(板厚9mm、W.120xH.202xD.141=3.4L)
音工房Z/OM-MF5専用キット(板厚12mm、W.164xH.297xD.220=10.7L)
とび猫/OM-MF5用バスレフBOX(板厚18mm、W.166xH.285xD.191=9.0L)

ムックのキットは小さすぎの感じで、OM-MF5が本領発揮するのは無理でしょう。
音工房、とび猫はほぼ同サイズで、良い音がしそうですね。

ついでなんで、ハイパーバスレフ箱とDDBH箱も比べてみます。
8cm-BOX.jpg
@汎用ハイパーバスレフ箱(7.8L)
A汎用DDBH-ML箱
B519用DDBH箱
C改造版DDBH箱

@は音工房、とび猫より一回り小さいですが、必要十分な低音が出ます。このサイズならデスクトップでの使用も全然OKですね。
AはDDBHが本領発揮できる最小サイズで、デスクトップでの使用はキツイかな。
BCはデスクトップ使用には背が高すぎる思いますが、リビングTVの両サイドに良さそうなサイズ感。

そんなこんなの8cmフルレンジですが、将来的には全スピーカーの中心的な存在になりそうな予感がします。
ますます8cmの将来が楽しみになってきました♪
posted by masamasa at 20:20| 自作スピーカー

2019年12月17日

OM-MF519用のVBH、BHBS、DDBH各ボックスを比較してみました

ブログ・ハイエンド自作スピーカーさんにOM-MF519用の図面がありましたので、データをお借りして小澤式VBH、石田式BHBS、白土式DDBHを比べてみたいと思います。
尚、小澤式VBH、石田式BHBSは聴いたことがありませんので、あくまでも数字上の比較になります(笑)

■オントモムック掲載の小澤式VBH
Ozawa-VBH.jpg

■石田式BHBS(ブログ掲載ボックス、18mm集成材使用のため、外寸が大きめです)
Ishida-BHBS.jpg

■白土式DDBH(小澤式VBHと同じ外寸で設計しなおしたものです)
Shirato-DDBH.jpg

■三方式のデータ比較
BH-hikaku.jpg
空気室容積は石田式が2Lで、他2方式の2倍以上になっています。またスロート面積、開口面積も大きめです。
ダクト面積は小澤式と石田式がユニット振動版面積と同等、白土式は振動版面積の150%以上が基準になっていますので大き目です。
ダクト長は大きな差はないようです。
三方式を比べてみると石田式と他2方式はかなり差があるようです。
内容積が大きく、ダクト面積は小さめでダクト長が長いので低域のレンジが広そうです。また空気室容積が大きいので高音の伸びも良さそうですね。
小澤式と白土式はスロート面積とダクト面積以外は同等と考えてよさそうで、音的にも大きな差はないかもしれません?

音的総評予想としては、、、

バックロード寄り=白土式DDBH ≧ 小澤式VBH > 石田式BHBS=ダブルバスレフ寄り

といった感じになると思われます。
posted by masamasa at 17:54| 自作スピーカー

2019年12月15日

バックロードホーンの歴史と進化【2020年版】〜オーディオ紙にダクト付きバックロードが取り上げられた(驚)

さて、2019年は新元号になって、消費税が10%になって生活がキツクなってきましたが、オーディオ界では初めてバックロードとダクトの組み合わせがオーディオ紙に掲載されて驚きました。

雑誌掲載のダクト付きバックロードは「小澤式VBH(ベンテッド・バックロードホーン)」と命名されたようですし、
BHBS発案者の石田氏もBHBSの名称を「石田式バックロードバスレフ」と変更したようです。
その流れにのって、DDBHも名称変更して「白土式ダンプダクト・バックロードホーン(DDBH)」とします。
ってことで、2020年版は新情報を追加、ほか部分修正して作り直しました。

■バックロードホーンの歴史と進化【2020年版】
backload-history-2020.jpg

■正常進化系(1)

初期型バックロードホーン(1950年代?)

ダンプド・バックロードホーン(1970年代)

白土式ダンプダクト・バックロードホーン[白土式DDBH](1980年代)


■正常進化系(2)

初期型バックロードホーン(1950年代?)

長岡式バックロードホーン

小澤式VBH[Vented BackLoad Horn](2019年) ← 石田式BHBSの要素



■派生進化系(1)

初期型バックロードホーン(1950年代?)

石田式バックロードバスレフ[石田式BHBS](2000年代?) ← ダブルバスレフの要素を付加


■派生進化系(2)

初期型バックロードホーン(1950年代?)

ツインロードホーン(1990年代)-テクニクスSST-1

白土式スタガード・トリプルバックロードホーン(2000年代)-ホーンの多数化

白土式スタガー・トリプル・ダンプダクト・バックロードホーン(2010年代)-トリプルホーン+ダンプダクト
[設計、製作の難易度が非常に高く、サイズも必然的に大きくなるのでメインストリームにはならないだろう]


■派生進化系(3)

初期型バックロードホーン(1950年代?)

ツインロードホーン(1990年代)-テクニクスSST-1

白土式スタガー・ダンプダクト・バックロードホーン[白土式SDDBH](2010年代)-ツインホーン+ダンプダクト
[設計製作、使いこなしの難易度、コストを考慮するとSDDBH方式が「バックロードホーンの終着点」になりそうです]


■派生進化系(4)

ダンプダクト・バックロードホーン(1980年代)

サブ・ウーファー化[白土式AS/DDBH](1990年代)


■派生進化系(5)

シングルバスレフ

白土式ハイパーバスレフ(2010年代) ← バックロードの要素を付加
[シングルバスレフ、ダブルバスレフ、バックロードの良いところを如何に引き出すかが設計のポイント]
posted by masamasa at 09:28| 自作スピーカー

2019年11月24日

「第14回・宇都宮手作りオーディオ会参加報告」と「ステレオ紙・自作スピーカーコンテスト」について

昨日(2019/11/23)、第14回・宇都宮手作りオーディオ会に参戦してきましたので、皆さんの作品を簡単に紹介(^^)

■会場の様子
utsunomiya-2019-11-01.jpg

■ひでじさんの復活アンプと17cmコアキシャル
utsunomiya-2019-11-02.jpg
前回開催中に落として壊れてしまったアンプが音質アップで完全復活したそうです。
17cmコアキシャルはネットワークを変更してリニューアル。低音のだぶつきが抑えられてサッパリ風味に(笑)

■SekiguchiさんのJ-FET-12AX7-EL84CSPP真空管アンプ
utsunomiya-2019-11-07.jpg
クロスシャント・プッシュプルはなかなか聴く機会がないので貴重な体験をさせていただきました。
しなやかで優しい音色は素晴らしいです。
17cmコアキシャルだと低域の制動がキツそうですので、小口径フルレンジのほうが相性良く鳴らせそうです。
尚、Sekiguchiさんは「妻有手作りオーディオの会」会長さんで今回初参加です。
プレゼントのDDBH箱はSekiguchiさんに貰われていきました。色々いじってお楽しみください(笑)

■マイペースさんのDACとSDカードプレーヤー
utsunomiya-2019-11-03.jpg
■DAC内部
utsunomiya-2019-11-04.jpg
な、、、なんと、、、ディスクリートで組んだマルチビットDACです。

■私の6cmSDDBH
PB231618.JPG
今回は、6cmSDDBHの紹介とインピーダンス測定のデモをさせていただきました。
ついでにプレゼント用10cmDDBHも聴いていただきました。
おかげさまで10cmDDBHも2本のUSBケーブルも里親殿に引き取られていきました。末永く可愛がってやってください。

■アミーさんの生演奏
utsunomiya-2019-11-06.jpg
あいや〜〜流石にアルトサックスの生演奏は素晴らしい!!!
私の発表でサックスの音源を流して「アミーさんに挑戦」とかのたもうてしまいましたがお恥ずかしい限りです。生演奏には全く敵いませぬ。

ということで皆さんの作品、演奏の紹介でした。

ところで、今回はギャラリー参加だったブヒブヒさんから「第10回スピーカーコンテスト」一次審査通過の案内が来たとの報告がありました。尚、ブヒブヒさんは第9回の一般部門本選入賞の強者です。
ってことは、私は今回も書類審査落ちということで絶賛連敗中です(爆死)
外身より中身という思いでチャレンジしてきましたが、、、、皆さんから、、、

中身より外身が大事でしょう!!!

とか

ただの四角い箱じゃね・・・!!!

といったアドバイスをいただきました。
今までDDBHとかSDDBHとかハイパーバスレフとか方式にこだわったり、内部配線にラダー型ケーブルを使ったりして「中身重視」でエントリーしましたが、外観のデザインとか仕上げとかは苦手なんですよ。
こんな感じなので今後の『予選通過は不可能』との判断に至りました。よって「ステレオ紙・自作スピーカーコンテスト」への挑戦は第10回をもちまして終了します。

ちなみに、下は前回の手作りオーディオ会で聴いてもらったスピーカーです。
HB-08F.jpg
音的にはそこそこ良い感じでしたが、残念ながらこの箱も書類審査落ちでした。
現実は厳しいですな。。。(ボソッ)
posted by masamasa at 07:24| 自作スピーカー

2019年11月03日

“バックロードホーンの終着点”の一歩先〜STDDBH(スタガートリプル・ダンプダクト・バックロードホーン)

トリプルホーンの「STAG3-10T」をダンプダクト化すると「スタガートリプル・ダンプダクト・バックロードホーン」になります。
センスのない長いネーミングですが、SDDBHの一歩先の風景が見られそうです。

■STAG3-10T/開口部の変更
tripple-horn-DDBH.jpg

※スタガード・トリプルバックロードホーンのDDBH化は未検証です。
トリプルホーン、デュアルホーン、ダンプダクト等のデータからダクト面積、ダクト長を導き出しています。
2ホーンは可変ダクトになってますので正解値に近い特性が得られると思います。
尚、ダンプダクト化でユニットとの適応力も向上するので、駆動力の弱いユニットでも問題なく使えると思います。
posted by masamasa at 11:07| 自作スピーカー