2020年09月24日

スピーカー保護ネットが必須アイテムに・・・┐( ̄ω ̄;)┌

最近はヤフオクの「gccnh994」さん製作の保護ネットがお気に入りです。
細かすぎず荒すぎず強度も高くスッキリとして高品位です(褒めすぎか?、、、笑)
mf519-net.jpg

alpair10-net.jpg

最近は、ボックスを持つときにユニットに指を引っ掛けてしまうことがありますが、どうやら感覚が鈍くなってるようです。
ってことで、スピーカーの入れ替えも多く、外への持ち出しも増えているので、保護ネットが必須アイテムになりつつあります。
posted by masamasa at 17:23| 自作スピーカー

2020年09月02日

MOOK付録のラビリンス・バスレフ箱(MarkAudio OM-MF4用)を検証!!!〜その2【買ってわかった衝撃の事実、、、笑】

前記事では箱の構造にしぼって検証しましたが、今回は付属パーツ、記事内容です。

まずパーツで気になったのがターミナルです。
材質はプラスチックと鉄で、通電部は強磁性ですが、これは想定内。
parts01.jpg

内部ケーブルは0.75スケアの錫メッキ銅線で必要十分。錫メッキに関しては一長一短なのでスルー。
parts03.jpg

想定外だったのがファストン端子で、、、な、、、なんと弱磁性です。
いままで数多くのファストン端子を使ってきましたが、磁性を持つファストンに初めてお目にかかりました(驚)
parts02.jpg

ぁ、、、そ〜ゆ〜ことか!!!
記事内にアップグレード・パーツの紹介がありますが、付属パーツに粗悪品を使うことで交換パーツでのアップグレード効果を高めようという狙いですね。
これはナカナカに確信犯ですね(笑)
ユニット自体のクオリティーが高い(といっても、コスパに関してはSPK Audio F02P-4、Peerless PLS-P830985より下)ので粗悪パーツの影響は少なそう。

交換用内部ケーブル、真鍮製スパイク、電磁波吸収テープ、SPケーブル、、、
それにしてもオヤイデのパーツの高いこと高いこと、、、これなら最初から非磁性のSPターミナル使ったほうが良いでしょう。
電磁波吸収テープは鉄製ターミナルには効きそうだけど、非磁性ターミナルでは効果ゼロか?
いや〜、、、何と言うか、、、オーディオ業界の「闇」を見てしまったようです(苦笑)

もう一つ問題がありそうなのが吸音材代わりのペラペラなスポンジです。
これって吸音材の役目してるんでしょうか?
スポンジ有り無しでの確認はしてませんが、特定の周波数でビリ付くのは吸音材が効いていないからじゃないかな(この箱って欠陥品?、、、笑)

それにしても、高いエンクロージャー・キットだ!!!
posted by masamasa at 11:29| 自作スピーカー

2020年08月27日

MOOK付録のラビリンス・バスレフ箱(MarkAudio OM-MF4用)を検証!!!

オントモムック付録のエンクロージャを初めて購入しました(笑)
中身は「長い折り曲げダクトのシングルバスレフ」です。
MOOK箱10.jpg

MDFは正確にカットされてるので組み立ては楽です。
付属のターミナル、取り付けビス等は廉価品で、特にネジの品質は劣悪。
材料揃えて自分でカットすれば1000円でお釣りがくるので、MOOK箱はすごく高く感じますね。

■「ユニットとポートの中間軸上180mm地点」と「ユニット軸上1m」の周波数特性

製作記事の特性グラフが180ミリでの測定だったので、中途半端な距離で測定してるなと思ったら、、、
180mmだとフラットになりますね。
それに比べ、1mの測定は酷い(苦笑)

MOOK箱11.jpg

肝心の音ですが、低音が出ません、、、と言うか、低域方向へ結構伸びているんですが音圧が出てないので量感、低音感が弱くなります。
150Hzからダラ下がりの特性なのでグライコを使うと良い感じにフラットにできそうです。


【参考】製作記事掲載のf特
OM-MF4-ARTA.jpg
ARTAはスムージングが効いて滑らかですね。
我が家のPCにはARTA、REW、WS等も入ってますが、My Speakerが自分の聴感に近いので未だに使ってます。
posted by masamasa at 09:14| 自作スピーカー

2020年08月26日

MarkAudio OM-MF4 + HB-06F

振動版面積が24cuでMF5の85.7%あるので、実質7cmクラスになります。
四角フレームなので小型箱には使いやすそうです。

ってことで、早速6cm用HB箱に入れてみました。

MF4+HB06F-02.jpg

■周波数特性(軸上1m&ダクト開口部)
MF4+HB06F.jpg

■エアレコ(YouTube)
posted by masamasa at 17:25| 自作スピーカー

2020年08月04日

ファストン端子色々

久しぶりに端子類の整理をしていたら古いファストン端子が出てきたので、250型4種で記念撮影。

faston.jpg
左3個は真鍮、右は真鍮に錫めっき。
厚みは左が0.4mm、右3個が0.25mm。
右から2個目が古い端子で約40年前の物、流石に色がくすんできてます。

0.4mm厚は何回抜き差ししても緩くなることはありませんが、0.25厚は徐々に緩くなってきます。やはり圧着力の差でしょうか。
錫メッキの音質はやや落ちますが、真鍮なら音質的違いが分かり難いです。
、、、が、厚みがある方が安心感はありますね。

「端子など使わず直接ハンダ付けしたほうが良い」という考えもありますが、私のように色々なユニットを付け替えたい派にはファストン端子は必須です(笑)
posted by masamasa at 11:34| 自作スピーカー

2020年07月02日

『小は大を兼ねる』〜お安く微磁性オリジナル・スピーカーターミナルを作る(コスパ最強?、、、笑)

長いこと55□の埋め込み型ターミナルのベースを使い、ターミナル自体は交換して使ってます。
普通サイズだと5cmクラスSDDBHにはおろか、10cmクラスでも無理です。
55mmターミナル.jpg

市販品の非磁性ターミナル(完全非磁性はAECOくらいか?)はお高いので、市販の非(微)磁性パーツを組み合わせた小型の埋め込みスピーカーターミナルを使っています。
最近、交換用に纏め買いして使っていたターミナルが残り僅かになり、新たに取り寄せてみたんですが品質が大分落ちてるようです。

簡単に新旧ターミナル(Aタイプが今までの愛用品)を比較してみると、、、
SP-terminal-type.jpg

こんな感じなので非磁性、微磁性のSPターミナルの使用が難しくなってきました。
今後どのようにするか悩んでしまいますね。

ってことで、今まで使ってたオリジナルターミナルの纏めです。

original-terminal-01.jpg

original-terminal-02.jpg

original-terminal-03.jpg

original-terminal-04.jpg

■オリジナルSPターミナル(2020年6月現在入手可能なパーツ)

55□ターミナル(NFJ)¥200-
汎用SPターミナル(ヤフオク、アマゾン等)¥100-
6mm真鍮ナットx4 ¥84-
真鍮ワッシャーx6 ¥54-
真鍮丸端子x2 ¥20-
TOTAL¥458(1個、税込み)
posted by masamasa at 07:18| 自作スピーカー