2021年03月23日

「天国への階段」で真空管アンプとデジタルアンプを聴き比べしてみると・・・・!?

今回導入したNuPrime STA-9の最大の特徴が、、、

「真空管の難点や制限を伴わず真空管アンプの最も魅力的な音調を彷彿させる偶数次のハーモニック特性を獲得しています。(メーカー取説より)」
 ※偶数ハーモニック(H2)回路搭載

ということです。
さ〜て、どのくらい真空管アンプに近づけたか「天国への階段/レッド・ツェッペリン」で同価格帯のSoftone Model8-300Bと聴き比べしてみました。

NuPrime STA-9 / 天国への階段-レッド・ツェッペリン〜デジタルアンプ編


Softone Model8-300B / 天国への階段-レッド・ツェッペリン〜真空管アンプ編
posted by masamasa at 08:59| ひとり言(ぼそ)

2021年03月22日

大音量検証用アンプを"NuPrime STA-9"に変更♪

今まで大音量時の検証にはSONY TA-F555ESL(120W、8Ω)を使ってましたが、ついに昇天しました。
30年使っていて一度ボリュームとリレーを交換しましたが、丁度よい機会なので大パワーのデジタルアンプに乗り換えました。

選んだアンプはNuPrime STA-9(120W、8Ω)になります。
NuPrime_STA-9.jpg
このアンプはイイですね。
超低音(50Hz以下)の圧力、押し出しは555ESLに一歩譲りますが、それ以外は同等以上です。
特にSTA-9の音場再現力は圧倒的です。更に発熱が少なく通風孔が無いのが最高。

このアンプが9諭吉弱で買えるとなると国産高級アンプもウカウカしてられませんね(笑)

ってことで、10万円以下のアンプを選ぶなら、、、

Softone Model8-300B (¥83,700-) ボリューム付きパワーアンプ
Nmode X-PW1-mk2 (¥68,000-) ボリューム付きパワーアンプ
NuPrime STA-9 (¥85,800-) パワーアンプ


で決まりかな。
ただし、リモコン、セレクター、ボリュームが必要な場合は他を選ぶしかないですけど。
posted by masamasa at 13:37| ひとり言(ぼそ)

2021年03月17日

『気付き』を大切にしよう(笑)

わたしは時々古いデータをボケ〜ッと見ていることがあります。
そうしていると、ふと思いつくことがあるからです。

405A.jpg
最近では昔作ったTQWT(ヒノオーディオ提供図面)を思い出し、色々調べていてフリューゲルホーンに行きつきました。
世界的に認知されていて作例も多く音質も良さそうと思い作成しました。

昔ながらのTQWTは開口部が大きくなっていますが、現在海外DIYで主流のML-Voight pipe(horn)、ML-TL、Frugel-Hornなどは開口部を絞っているケースがほとんどです。
わたしも開口部を絞ることには賛成だったので、フリューゲルホーンMK3を作り色々と検証しました。
設計者のデーブさんは扇状の出口にダクトを追加することには否定的でしたが、わたしの試したところマズマズの結果が得られました。

そんなこんなで、検証から色々なことに気付きました。
それが最近のTWTD(ダンプダクト付きテーパー波動管)に繋がるわけですね。

さて、ヒノオーディオ推奨のTQWTですが、音がなんとも宜しくなかったのでオリジナルでバックロードを作りました。
そのBH箱で「ミューズの方舟」の自作スピーカーコンテスト'94に参加させていただきましたが、皆さんのレベルの高さに衝撃を受けて退散してきました。
それにしても懐かしい、、、27年前のお話です(笑)
muse-contest.jpg


※2021/03/21追記
「ミューズの方舟」主催、自作スピーカーコンテスト'94の課題曲"I've had enough"をMAOP10+TWTDで再生してみました。
聴いていると色々と思い出しますが、コンテストの少し前に会場近くの「青物横丁駅」で事件があったことを思い出した。


posted by masamasa at 11:34| ひとり言(ぼそ)

2020年11月13日

YouTubeライブ配信のテスト

最近は色々なライブ配信があるので気になってたんですが、思い切って安物WEBカメラLogicool C270n(1,855円)を購入しました。
安物なので画質、音質には期待してませんでしたが音質は想定外の酷さです。まるで壊れたラジカセのような音なので流石に使えません(笑)

ってことで、化石マイクを使いYouTubeやFacebookで試してみました。
通常は撮影した動画をYouTubeにアップロードしますが、動画配信では配信元カメラのリアル映像がYouTubeのサーバーに録画されます。
色々と制約がありますが、音質的にはアップロード動画より劣るようです。
またライブ配信終了後は、保存された動画を見ることができます。
WEBカメラとマイクがあればYouTubeが録画機代わりになりますので、これを上手く利用すれば非常に役に立つと思います。
posted by masamasa at 11:31| ひとり言(ぼそ)

2020年10月31日

SONY ECM-23F3の復活、、、なるか?

只今色々と断捨離中でして、久しく使っていなかったSONY ECM-23F3(コンデンサーマイク)をどうしようか悩んでます。
ECM-23F3-04.jpg

当時の民生用マイクとしては音質も良く帯域も広かったので生録で使っていた方も多かったと思います。
ECM-23F3 仕様.jpg

ってことで、二股ケーブルを改造してDR-07mk2で録音してみましたが、ステレオじゃなくモノラルになってしまいました。
ぅ〜む、何なんでしょう原因が分かりません。
ecm23f-05.jpg


結果的に、マイク出力が小さく自己ノイズが目立ってしまうのでチョイ使えないかな。
録音は出来るけど本来の性能は残ってない感じですね〜( ̄∇ ̄;)
posted by masamasa at 09:08| ひとり言(ぼそ)

2020年10月11日

最近の迷惑電話は0120、0800が多いので・・・(苦笑)

我が家の固定電話機の子機の電池がヤバクなってきたので思い切って新機種に交換しました。
最近の機種は0120、0800を拒否できるのでありがたいし、迷惑電話対策機能も豊富なので役立ちそうです。

ところが子機を壁付けしようとしたら、壁には付けられない仕様でした(泣)
ってことで、壁付け用のベースを2つ作りました。
材料は12mm合板と5mmチーク。
denwa-01.jpg

各部材を切り出します。
denwa-02.jpg

合板部は黒色塗装、チークは40年物で飴色になってるので未塗装。
denwa-03.jpg

完成
denwa-04.jpg

さ〜これで迷惑電話撃退なるか!?
posted by masamasa at 18:26| ひとり言(ぼそ)