2016年02月09日

「FOSTEX P1000-BH」&「BearHorn BW-1200」のホーン検証

ホーン形状のグラフ化は「新しい発見」があって中々面白い(笑)

まずはフォステクスのP1000-BH(完成品、税別¥7,000/1台)
P1000-BH_fostex.jpg
ホーン形状は、ほぼコニカルホーン(円錐形)。
スロート30.25cu、開口84.7cu、ホーン長97.9cmと10cm用としては小さく、バックロードのメリットを感じられるか微妙なサイズです。

続いてベアホーンBW-1200(組み立てキット、税込\12,400/ペア)
BW-1200.jpg
本来は12cm用ですが10cm用サブバッフルが標準添付されてます。
サイズ的には10cmのほうが相性が良さそうで、このくらいの大きさが有ればバックロードの良さを体感できると思います。
ホーンもなかなか良い感じなのでダンプダクト追加で化けるかもしれません(笑)

BW-1200-DDBH.jpg
※ダンプダクト仕様にする場合、吸音材は不要と思われます
posted by masamasa at 20:43| 自作スピーカー

2016年02月07日

スーパースワン[D-101S](長岡鉄男氏・設計)の「ホーン検証」と「謎」

「バックロードホーンの音道データ」収集時にスーパースワンの音道イメージも作ってあったんですが、スワンだけ畑違いの感があり、同じ土俵では比較できないと思い掲載はしませんでした。

ところがデータを整理していたら「不思議な(変な)箇所」があることに気付いたんです。
それはスロートの先の『第1音道と第2音道の不自然さ』です。
簡単に変更できて、チョイと寸法を変えればスムーズに繋がるのに「長岡氏はどのような計算をしたのか?」不思議でなりません。

■スーパースワンのボディ平面図(オリジナル&修正図)
super-swan-02.jpg
該当箇所と同じ幅のパーツがスロート部にあるので、板取りミス、印刷ミスとは考えにくいですね。意味が有って此の寸法になったのか?単純な計算ミスだったのか?
それとも私の独りよがりな「カン違い」か、、、、ぅ〜む悩みます(笑)

■オリジナル&修正後のホーンイメージ
super-swan-01.jpg

わたしが作るとしたら間違いなく修正図で作りますが、、、

既にスーパースワンを作った方々は気にならなかったのでしょうか???
気になって夜しか眠れません(爆)


オリジナルでも非常に滑らかなホーンなので、修正すれば更に良くなるのか?
此のくらいの差では『音は変わらない』のか?、、、

作ってみないと分かりませんね、、、こ、、、これは悩ましい(爆死)
posted by masamasa at 18:15| 自作スピーカー

2016年02月05日

10cmクラス・バックロードホーンの比較検証【マトメ】

前回、前々回のホーンのイメージ図が2つになって各パラメーターが分かりづらいので簡単に表にして見ました。
10cm_Back-Loaded_Horn
D-10バッキー(長岡鉄男氏・設計)
10cm、12cm兼用タイプですが空気室が1.8Lと小さ目なので12cmにはチョットきつそうです。
スロートは45cuで10cmには大きめですが、他は標準的で「10cmバックロード箱」の代表格モデル。

BK103-Sol(FOSTEX FE103-Sol専用モデル)
FE103-Sol用ボックスで、空気室(2.4L)、スロート(43cu)とも10cmとしてはチョイ大き目になってます。
全体ではカナリ良いバランスに仕上がっていて、12cmバスレフ用ユニット(F120A、FF125WK等)も使えそうです。

MM-151(ハセヒロ)
何といっても理想的なエクスポネンシャルホーンが特徴の箱です。
空気室は4.5Lと10cm用としては大き過ぎるくらいで、逆にスロート(35cu)、開口(200cu)、ホーン長(160cm)とホーン全体が小振りになってます。
角を持たない滑らかな音道がウリですが、その分だけ中高音の漏れも多くなります。大きな空気室でクロスオーバー周波数を下げ、中高音の漏れを抑える設計なのかな?

FE103E、FE103En推奨ボックス(FOSTEX)
ぅ〜ん、、、この箱は「何がしたいのか分からない箱」です(笑)

ASB1081(BearHorn-YOSHIMOTO CABINET)
ステレオ誌に掲載されたFE108-Sol用ボックス。
スロートからホーン全体の90%までがパラボリックホーン(釣鐘形)で、開口部で急激に広がる特殊形状ホーンが特徴。
構造は「素人が適当に設計したように見えます」が、某評論家先生の設計らしいです(笑)
私の経験則では「どんな音が出てくるのか」全く想像が付きません(汗)

DDBH-10-FERMENTO(オリジナルモデル)
標準的なバックロードホーンですが、開口部のダクトで「量感重視」に設定してあります。
極力無駄を省いた構造で三六板1枚で2台分作れるハイコストパフォーマンス仕様(爆)

※開口面積実効値について
10cm_Back-Loaded_Horn_Mouse
D-10、FE103推奨箱のように開口部が階段状で急激に広がる形状の場合、開口面積全てがホーンとして機能する訳ではありません。
実際に機能するであろうと思われる面積を『開口面積実効値』として併記してあります。
posted by masamasa at 20:42| 自作スピーカー

2016年02月04日

バックロードホーンの比較検証【2】〜「ハセヒロMM-151」「フォステクスFE103系-純正BH箱」「ベアホーンASB1081(STEREO誌掲載BOX)」

メーカー設計BH、雑誌掲載BH箱を本格的に検証したのは初めてだったんですが、、、意外と面白い(笑)
「乗りかかった船」という訳ではないですが、、、
理想的なエクスポネンシャルホーンといわれるハセヒロBH箱「MM-151」、フォステクスFE103系の純正箱、最近発売されたベアホーン(ヨシモト・キャビネット)のFE108-Sol用BH箱「ASB1081」を比較してみました。

■外観
hasehiro-fostex.jpg
ハセヒロはブックシェルフタイプ、フォステクスとベアホーンはトールボーイタイプになります。

■ホーン部のイメージ図
hasehiro-mm151-horn.jpg
ハセヒロのホーンは流石にスムーズな広がりで申し分ないですね。
ただ、空気室が4.5Lと10cm用としてはカナリ大きく、クロス周波数が80Hzと低くなっています。
「ユニットからの直接音」と「ホーン開口からの音」のクロスオーバー周波数は200Hz前後が一般的ですが、80Hzクロスだと100〜300Hzあたりが薄くなりそうです。

フォステクスの純正箱は、まぁ、、、こんなもんでしょう(笑)
聴いたことは無いんですが、開口部の階段構造は無駄以外の何者でもないですし、、、大きい割には大したこと無いような気がします(爆死)

ASB1081は変わった広がり方をしていますが、商品化されるくらいなので音的には問題ないんでしょうね。
動作としては、ホーンと共鳴管の混ざった感じでしょうか?

最後に、フォスの純正箱で気になる箇所が・・・
FE103-BOX.jpg
パーツHですが『何でココに付くの?』『何がしたいんだ?』『んっ、意味不明』といった感じなんですが、メーカーさんの設計なんで「それなりの理由」があるのでしょう。
私なら間違いなく対面の斜め上に付けますよ(ぼそっ)
posted by masamasa at 22:45| 自作スピーカー

2016年02月03日

バックロードホーンの構造比較検証〜"DDBH-T20F-SONORE"と"D-55"(長岡鉄男氏設計)

「何を今更」なんですが20cmバックロードホーンの最高峰「D-55」と「DDBH-T20F-SONORE」のホーン部分を比較検証してみます(笑)

まずは「内部構造」
20cmBH-horn-inside.jpg
ホーン長は「中心線式」で算出してあります。

続いて「ホーン形状」
20cmBH-horn-image-verification.jpg
横軸が「ホーン長」、縦軸が「断面積」になります。
広がり率はD-55がやや小さい感じですが、どちらもスムーズな広がり方で宜しいと思います。
尚、「SPクラフトBバックロードの傑作」の記事中には「ホーン長260cm、スロート絞り率0.9」と記載されていますが、私の計算だと絞り率は「0.843」になります。単なる計算ミスでしょうか?
ホーン長は2cm違いなのでバッチリです(笑)

で、この画から何が分かるのか?
ぅ〜ん、、、とりあえず「D-55は無駄が多目」くらいしか分かりません(爆死)

オマケで「D-10バッキー(長岡鉄男氏設計)」、「DDBH-10-FERMENTO」、「BK103-Sol(FOSTEX純正BOX)」の比較画像です(笑)
Horn-Comparison.jpg
posted by masamasa at 20:21| 自作スピーカー

2016年02月02日

ダンプダクト・バックロードホーン(DD-BH)製作時の注意点♪

通常のバックロードホーンでは「音質的に良いこと」でも、ダンプダクトBHでは「必ずしも良くないこと」があります。

そこで「製作時の注意点」を挙げておきます。
といいますか「プチ禁止事項」ですかね(笑)

@折り返し部のR加工は不可(不要)
A吸音材の使用は不可(不要)
Bボックス内の塗装は不可(不要)、外部&ダクト開口部はOK

DDBH-Caution.jpg
基本的に、この三点を頭の片隅に置いておいてもらって「あとは御好みでどうぞ」という感じになります。
posted by masamasa at 20:26| 重要なお知らせ