2014年08月19日

女性ヴォーカルを聴くなら『Fostex FE83(初代)』がイチバン(No.1、最高、、、笑)

vocal-range.jpg
声のバスからソプラノにかけての音域は100Hz〜1kHzくらいです。
一般的に2WAYスピーカーのクロスオーバー周波数は2kHz以上、3WAYスピーカーの低域側のクロスオーバー周波数は声の音域内(100Hz〜1kHz)になります。
どちらもウーファー(=重い振動版)がヴォーカル帯域を受け持つため、声の伸びやかさ、ニュアンス等の表現はもう一歩の感があるんですが、その点FE83(8cmフルレンジ)は振動版が軽いため『声の表現力』は素晴らしいです。
ナローレンジ(100Hz〜16kHz)なのでオールマイティには使えませんが、ヴォーカル(特に女性)に関しては『超一級品』の味わいがあります。
「趣味のローエンドオーディオ」でヴォーカルを極めるなら『Fostex FE83』で決まり!!!(笑)




■録音はタスカムDR-07mkU(AB方式、16bit、44kHzでピークリダクション録音、40HzローカットフィルターON)、録音ポイントはSPから60cm。
再生プレーヤーは『AIMP3 ver3.55 , build 1345(26.03.2014)』


■使用機器は、、、

自作PC(Win XP home、フルファンレス仕様)

↓(光接続)

KENWOOD DM-9090(DACモード

↓(自作VCTF2スケアRCAケーブル)

DENON PMA-390IV

↓(VCTF2スケアケーブル)

Fostex FE83(改)
[8cmフルレンジ、マグネット強化、デッドマス追加、フレーム鳴き止め、他]
SP-BOX(底面開口型バックロードホーン/model:MAX-85)
自作SPスタンド使用(model:3-2nds)

Fostex_FE83_image-01.jpg
■Fostex FE83 Specifications
Impedance : 8 ohm
Minimum Frequency Response: 140Hz
S.P.L. : 88dB/W (m)
Rated Input : 2W
Music Power : 7W
Equivalent Diaghram Radius: 30mm (1.18 in)
Reproduction Frequency Response: fo - 20kHz
Equivalent Mass : 1.15g (0.003 lb)
Magnet Weight : 140g (0.309 lb)
Net Weight : 0.364kg (0.802 lb)
Fs : 140Hz
Re : 6.9 ohm
Qes : 0.9
Qts : 0.72
Vas : 1.11 L
Xmax : 0.4mm (0.016 in)
posted by masamasa at 06:52| 自作スピーカー