2012年06月08日

音楽CD内テキスト情報の謎(ナンデスカコレハ)

音楽CDを吸い出してると、、、
時々とんでもない物を見かけます。
たとえばコレ↓
CDdata.jpg
左:WMP画面
右:吸出しソフト画面

どちらもアルバム名が大変です(笑)
本来なら、、、

『David Chesky : the tangos and dances』 となるところが、
  ↓  ↓  ↓
『Beethoven : Symphonies Nos. 6 & 8』 になっております。
どこをどうしたらコンナコトになるんでしょうか???
まったくもって謎です。。。
他にも、曲名が間違ってたり、、、
輸入盤なのに日本語だったり、、、
英語と日本語が混ざってたり、、、
韓国語、中国語、アラビア語、、、、だったり、、、
もう勘弁してください(苦笑)


、、、で、ギター繋がりの話題を(笑)
イマイチ主役になりきれない?ギターですが、、、
そこそこ優秀録音なCD達です。
CDdata2.jpg

【左上】LA4:なき王女のためのパヴァーヌ(EASTWIND/35JD-2)
6曲目「REVEIL」がアルメイダさんのギターソロ
奏者もギターもあとチョットでした、、、惜しい。
暑い季節に聴きたくなるのがLA4。今年もヨロシク(爆)

【左下】The Best of Grant Green Vol.1(BLUENOTE/CDP 7242 8 7312 2 1 1)輸入盤
BLUENOTEっぽくなくて、透明度が高く、キレがあります。どちらかというとContemporaryよりの音です。
1962〜1964年物ですが、文句無しの好録音。

【右上】Duo Favori/Evocation(TACET 20)輸入盤
グラナドス、アルベニス、ファリャの曲を6弦ギターのデュオで演奏。
音は文句無しですがTACETとしては並ですかね。

【右下】Eric Satie/Aranged for Alto Guitar/Anders Miolin(BIS/CD-586)輸入盤
サティの曲を10弦アルトギターで演奏。
演奏、録音ともGood。曲によってはオリジナルよりも良い感じに仕上がってます。
文句無しのオススメ品です。
posted by masamasa at 23:58| ひとり言(ぼそ)

2012年06月03日

PCオーディオの可能性、、、は無限大♪

いまさらですが我が家のオーディオ用PCのオンボードデバイスをチェックしてて気が付いたことがあります。
なんと、、、
メインでは192KHz、サブでは96KHzのデジタル出力に対応してるじゃあ〜りませんか;;;
ってことは、音源があればハイレゾも聴けるのでしょうか?
ぁ、、、うちのDACは48KHzまでしか対応してませんがな(笑)

PCaudio_main.jpg

PCaudio_sub.jpg /

、、、ってか、、、今まで48KHzで出力してたことに気づかなかった。
それ以前にデジタルの設定画面を見るのは今日が初めてだったりします(をぃ)
いや〜ホントPCオーディオってのは奥が深いですねぃ。。。(爆)

最近ではジッターやらクロックやらASIOやらわけの分からんことがイパ〜イです。
いまだにウィンドウズメディアプレーヤー派の自分には関係ないかもしれません。

いずれにしても、、、再生ソフトの差が聴き分けられない、、、
スーパーCDとノーマルCDの差、アナログレコードとノーマルCDの差を聴き分けられない自分には未知の領域ですな(爆死)

結果、、、

無限の可能性を秘めたPCオーディオ、、、、これ最強なり!!!
posted by masamasa at 12:59| 最強を語る(ぼそ)