2012年05月20日

OPPO BDP-95 vs オーディオ用サブPC

巷で評判の良いOPPO BDP-95と我が家のサブPCを聴き比べてみますた。
BDP95は幼馴染みのS君からお借りしましたです。
なんでも国内代理店物は高いので、個人輸入したそうです。

OPPO_BDP-95.jpg
BDP-95(ユニバーサルプレーヤー)
対応メディア:Blu-ray,DVD-Audio, AVCHD, SACD, CD, HDCD,他
DAC:ESS DAC「ES9018」32-bit Hyperstream
再生周波数:20Hz - 20kHz (±0.2dB), 20Hz - 96kHz (±1dB)
SN比:125dB (A-weighted, with auto-mute)
サイズ:430mm x 311mm x 98mm
重量:7.3kg

、、、と、まずまずのスペックであります。

@Oppo BDP-95⇒Marantz PM5004⇒自作SP(MS-8WK)

A自作PC(XG41)⇒Kenwood DMF-7020⇒Marantz PM5004⇒自作SP(MS-8WK)

といった構成で聴き比べしてみました。
相変わらずローエンド機種を使用してますが、、、なにか!?

ソースはホームネットワーク上、簡易NASのHDD音源の予定でしたが、、、
BDP-95が簡易NASを認識しない為、
@の音源⇒オーディオCD、HDCD、SACD
Aの音源⇒HDD内のWAVファイル
での対決となりました。

BDP-95はクリアで鮮度が高いハイスピード系の音。音場はやや狭い。
自作PCはおおらかでエネルギー感のある音。音場はやや広い。
文章にするとそんな感じになりますが、、、
実際の差は極小で、、、甲乙つけがたいです。

で、、、休日にプチ断食をしているS君は、わたしの昼飯中も聴き比べしてましたが、、、
一長一短で、、、ソースによって相性が合るので、、、
やはり甲乙つけがたいということでした。

結果、、、
基本的にビジュアル用のBDP-95ですが、ピュアオーディオ用として十分通用することがわかりました。
まさに評判通りのハイCP機といえるでしょう。
ただ基本的にモニター無しでは使えません。本体ディスプレーにはフォルダ名とかファイル名とか階層とか表示されないのでディスプレー無しでネットワークプレーヤーとしては使えません。
そして、我が家のオーディオ用サブPC、、、
こちらはマルチに使えるウルトラ・ハイCP機ってことでFA、、、サブPC最強なり(爆死)


Somethin_else_DVD-audio.jpg
左:通常のオーディオCD
右:HDCD、1枚のディスクに24bit,96kHz物と24bit,192kHz物が表裏に収納されてます。
posted by masamasa at 17:33| 最強を語る(ぼそ)

2012年05月13日

久しぶりのチャペルマリッジ?

welcome.jpg

教会での式はン十年ぶりくらいでしょうか!?

church.jpg
今風なチャペル

bear.jpg
受付の熊五郎師匠

ex.jpg
最近は凝った演出が多いですねぃ。
何気に飛行機も飛ばしてたりしたし。。。(笑)

dessert.jpg
料理もおいしゅうございました♪

、、、、にしても、、、つ・か・れ・た
posted by masamasa at 20:04| ひとり言(ぼそ)

2012年05月12日

完全ファンレスPCオーディオ検証、その3

通風用丸穴のバリ取りも無事終了、、、
あちこちキズだらけになったので塗装もしました。
pc_audio_1.jpg

で、、、現在ラック上にて検証中であります。
室温24℃、天板を付けた状態で、、、
アイドル時59℃、高負荷時72℃。
ギリギリ夏を越せそうな感じであります。
pc_audio_2.jpg
消費電力はアイドル時51W、高負荷時80Wと、微妙な感じであります(笑)

ちなみに別室で使っているASUSのEeeBoxって奴は、、、
アイドル時21W、高負荷時28Wとかなりエコです。
ただしCPUがATOM330なのでモッサリです。
pc_audio_3.jpg
↑このようにTVの裏側に着けてあります。
光出力があるので外部DACを付ければ良い音で鳴ってくれますよ。
ただし高負荷時はファンの音がかなり五月蝿いです。
静音性ではフルファンレスの圧勝といったところです。

さてさて、、、なんとか完全ファンレス一号機が発進できました。
無事に夏を越せることを祈りつつ、、、まだまだ検証は続くのであります(爆)
posted by masamasa at 20:44| ひとり言(ぼそ)

2012年05月07日

完全ファンレスPC検証、その2

ラック内で2日連続稼動。
室内温度20℃でCPU温度が最高で74℃に到達。
真夏には80℃超え確実な勢いです。
二昔前のPen4は90℃くらい平気だったんで、、、まぁ大丈夫かと思います。
で、、、CPUより問題なのがオンボードのビデオチップ。動画見てると手で触れないほど暑くなります。
夏場はかなりヤバそうです;;;
Full_FANLESS_PC_2.jpg

そこで追加のヒートシンクを付けてみました。
なんとか手で触れるくらいなんで、夏場でもギリギリ逝けそう。
Full_FANLESS_PC_3.jpg

PC、パーツなどを廃棄する際は、使えそうな部品を外しておくと後々役に立ったりします。
Full_FANLESS_PC_4.jpg
今回は右下のヒートシンク(35×35mm)を半分にカットして使いました。

、、、、、、、
と、ここまでは上蓋無しのオープン状態での様子見。
肝心の上蓋はCPUと電源部に穴を開けてみました。
鉄板が硬いので凄いバリが出来てしまいました。
棒ヤスリで削ってみても硬くて上手く削れませぬ;;;
さて、この先どうなることやら(笑)
Full_FANLESS_PC_1.jpg

それにしてもファンが無いと静かです。
電源も今んとこ人肌くらいしか熱くならないんで夏場も大丈夫そうです。
コレだけ静かだとHDDの音が気になってきたりする。
上蓋付けたら多少シーク音が気にならなくなるかな?
posted by masamasa at 19:39| ひとり言(ぼそ)

2012年05月04日

完全ファンレスPC検証中♪

とりあえずファンレス電源に乗せ替えて、不要なファンも撤去。
ついでにビデオボードも撤去してオンボード仕様に。
Full_fanless_pc.jpg
電源の奥行きが30mm長くなって配線の取り回しが難しいです。
それ以外はパーツが減ってスッキリ。

parts.jpg
↑交換、撤去パーツ
クーラーマスター450W電源、サファイアHD6770、120mmファン2個、ケース付属のプラスチックパーツ2個

rack.jpg
上蓋の切り欠きがまだなので、蓋無しで強引にラックに押し込んで検証中。
ラックとの隙間は1cmくらいで、かなり窒息気味です。
ただいま室温22℃、負荷時のCPU温度が60〜66℃、蓋を付けたら完全に窒息しそうです;;;
消費電力はアイドル時で37%減少、負荷時で45%減少で良い感じです。
さて、、、これからどうなることやら(笑)
posted by masamasa at 17:13| ひとり言(ぼそ)