2019年05月30日

「Pluvia7PHD」と「Pluvia7HD」のメーカー公表周波数特性について

ブログ更新をサボっている間にPluvia7HD(メタルコーン、Alpair7の後継機)が発売されていましたが、両機の周波数特性図が同じグラフなことに気付きました。
そこでコイズミ無線さんに確認をお願いしましたが、本日返事があり「Pluvia7PHDの特性図が間違っていたので修正しました」とのことです。
早速コイズミさんのページで確認しましたが、自宅で測定した特性と似たカーブでしたので一安心しました。
PHD+HD.jpg

ところでPluvia7PHDは5kHzから上の音圧が低いので高音不足になりそうですが、聴感では「やや足りないかな」くらいです。
この特性が幸いしてか、古い音源(特に1950年代以前)との相性がバッチリです。
最近「名曲を聴く会」という脳活イベントを始めましたが、古い音源が多いのでMAOP7よりもPluvia7PHDを選択しました。
Pluvia7PHD+SidePress.jpg
posted by masamasa at 20:14| 自作スピーカー

2019年05月20日

なんと、、、4ヶ月ぶりの更新です(爆死)

ネタも無く、帯状疱疹で医者通いしてたこともあってブログの更新をサボってましたが、イベントの企画を考えたり使用する音源を2TBのHDDに纏めたりしてました。

、、、ということで、昨日、『第1回・真空管アンプとホーンスピーカーで名曲を聴く会』という脳活イベントを開催しました。
meikyokuwokikukai-01.jpg

meikyokuwokikukai-02.jpg

和室35畳に24人入ると、8Wのアンプと10cmフルレンジでは音圧が微妙に足りません。
こうなると、放置してあったMAOP11を登場させるのが良さそうです。
MAOP11.jpg

持ち運びを考えると、三六板で2台取れるサイズが理想です。
となると、ハイパーバスレフが最適かな?
HB-15F-Rev2-01.jpg

さ〜て、次の名曲を聴く会までに完成するでしょうか〜???
posted by masamasa at 09:06| 自作スピーカー

2019年01月18日

ハイパーバスレフ方式(Hyper Bass-Reflex)の特徴

ハイパーバスレフ検証用に8cm、10cmボックスを作りましたがホボ想定内の結果が出ました。
ってことで、改めてハイパーバスレフの特徴を纏めて見ます。

■ハイパーバスレフ方式の特徴■
@音のベクトル(方向性)はバスレフ系とバックロード系の中間くらいに位置する
A複合動作型としては構造が簡単で、比較的小型にできる
Bバスレフ方式にバックロードの要素を取り入れることで、低音を効率的に引き出せる
C同サイズのバスレフ、密閉では得られない鳴りっぷり、スケール感を出すことができる
D複合制動を掛けコーンの動きを抑制しているのでパワーが入る
E2枚の仕切り板が斜めに入ることで特性のアバレ、定在波が押さえられ、必要最小限の吸音材で済む


■同サイズBOXのバスレフ、ハイパーバスレフの内部構造比較
Hyper-BR-constraction-01.jpg

■同サイズBOXのバスレフ、ハイパーバスレフの周波数特性比較
Hyper-Bass-Reflex-image-06.jpg

2019年01月16日

MarkAudio Pluvia7 PHD + ハイパーバスレフ箱で聴く[其の1]〜[其の5]

イロイロと聴き比べてみましたが高音の質感(キラキラ感、金属感)はメタルコーンが一枚も二枚も上です。
値段的にはPluvia7の上位機になりますが、同価格帯の旧Alpair7v3と比較して微妙な立ち位置ですし、ツイーター追加を前提にした場合は非常に良いユニットですが、Pluvia7 PHDだけだとコレマタ微妙。
共に最新機種のAlpair7MS、Pluvia7PHDですが、どちらも悪いユニットじゃ無いですがオールマイティに使うんであれば、Alpair7v3、Pluvia7のほうが使いやすいしコストパフォーマンスも高いと思います。
個人的にはAlpair7MS、Pluvia7PHDのどちらもDDBHよりハイパーバスレフのほうが相性が良いと感じます。

■Pluvia7PHD + ハイパーバスレフ箱で聴く/其の1〜其の5

■Pluvia7にペーパーコーン、平角純銅線ボイスコイル、アルペア系モーターを採用した新型ユニット「MarkAudio Pluvia7 PHD」。
もともと鳴りっぷりの良かったPluvia7の進化モデル(一部退化した部分有り、、、笑)
特に打楽器系の出音は秀逸!!!

■録音はタスカムDR-07mkU(AB方式、16bit、44kHzでピークリダクション録音)、録音ポイントはSPから65cm。 再生プレーヤーはAIMP3。

■再生曲
Beethoven / Piano Sonata No.25 Op.79
Melodie Zhao(piano)

■使用機器

自作PC(WinXP-home、SP3、フルファンレス仕様)

↓ (光接続)

C.E.C DA5(DAC)

↓ (自作BLケーブル、CANARE/L4E6S)

Nmode X-PM7(1bitデジタルアンプ)

↓ (自作8段ラダー型スピーカーケーブル)

MarkAudio Pluvia7 PHD(BOX : HB-10F)

2019年01月14日

「MarkAudio Pluvia7PHD + ハイパーバスレフ箱」の試聴〜見通しの良い広大な音場をベースに・・・

Pluvia7PHDの初期慣らしを終えて一発目の出音でビックラコン!!!
Pluvia7PHD-01.jpg

とにかく音の広がり方が素晴らしい。
怒涛のように広がった音が滑らかに消え入る様は、これまでのマークオーディオ製品ではピカイチ(MAOPをも凌駕)です。
「Pluvia7PHD + ハイパーバスレフ箱」での音場表現はフォステクスのスーパーシリーズに近いモノを感じますが、違う箱に入れると印象が変わるかもしれません。
音質自体はMAOPのようにオールマイティとはいかず、ヴォーカルや弦楽器の表現力はイマイチですが打楽器系(打弦楽器、撥弦楽器を含む)の表現力、鳴りっぷりはピカイチです。

現在マークオーディオから販売されている紙コーンユニットはPluvia7PHDだけで、コーンの色はやや青みがかったライトグレーです。
フォステクスのFFシリーズのコーン紙を明るくした感じでしょうか。
コーン材質についてはアナウンスされてませんので従来のペーパーコーンと同等と思われますが、見た感じカナリ細かい繊維のようです。
Pluvia7PHD-02.jpg

■Pluvia7PHD + HB-10Fの周波数特性
Pluvia7PHD-tokusei.jpg
通常、高音特性はメーカー公表値と大きく違うことは無いんですが、この高音特性はカナ〜リ違ってます。
なんでだろ〜、、、気になります(笑)

【参考】MarkAudio Pluvia7PHDの周波数特性(メーカー公表値)
Pluvia7PHD.jpg

尚、同時にAlpair5の新型、Alpair5v3が発売されました。
が、そのうちMAOP版Alpair5が新型フレームで出てくると思われるので、今回の購入は見送りです。
早〜く来い来い〜〜〜MAOP5〜〜〜♪

2019年01月12日

10cmフルレンジ用ハイパーバスレフ箱〜Bel Suono KF1018A、MarkAudio Alpair7MSとの相性は?

設計は8cm箱と同時期に完了してましたが、やっとこさ完成させました。
ボックスサイズ(W.160xH.350xD.250mm)は8cmDDBHより小さいくらいなので低音の量感はイマイチ。
そこそこの低音感はありますがヤヤ低音不足に感じます。

■HB-10F外観
HB-10F-04.jpg

■Bel Suono KF1018A + ハイパーバスレフ箱【周波数特性】
KF1018A-HyperBL-01.jpg

■MarkAudio Alpair7MS + ハイパーバスレフ箱【周波数特性】
Alpair7MS-HyperBL-01.jpg
両ユニットとも箱のサイズを感じさせない鳴りっぷり。
低音の量感こそ少ないものの、音程は明快でキレの良い低音が聴けます。
このくらい鳴ってくれれば殆んどの10cmフルレンジとの相性も問題無いと思います。

■HB-10F【設計図&板取り図】12mm合板、600mmx900mmx1枚=1台分
HB-10F-01.jpg
方式:ハイパーバスレフ
サイズ:W.160xH.350xD.250(mm)
内容積:8L
ダクトチューニング:83Hz

■ハイパーバスレフ計算式【2019年版】
hyper bassreflex-2019.jpg