2021年12月03日

ダンプダクト付きTQWTシリーズ〜DDVP-10-ML(8cm〜10cm用・MLタイプ)

12mm三六板1枚で2台取れるように小型化しました。
やや低音が弱いかもですが、もしかしたら想定外の音が出るかもしれません(笑)

DDVP10、15、17は想定内の音になるはずなので、作るんなら10-MLが面白そうです(^^)

■設計図
DDVP-10-ML-01.jpg

■板取り図
DDVP-10-ML-02.jpg
posted by masamasa at 19:56| 自作スピーカー

2021年12月02日

2021年12月01日

ダンプダクト付きTQWTシリーズ〜DDVP-10(8cm〜10cm用)

■設計図
DDVP-10-01.jpg

■板取り図
板厚が間違っていたので差し替えました(2021-12-02)
DDVP-10-02.jpg

■ダンプダクト付きTQWT(Voigt Pipe with Damp-Duct)設計イメージ
DDVP-image.jpg
posted by masamasa at 20:24| 自作スピーカー

ダンプダクト付きTQWTシリーズ〜DDVP-15(13cm〜15cm用)

DDVP-20が上手くいったんでシリーズ化決定!!!
TQWTは汎用性が高いので、まずは13〜15cm兼用箱(幅を変更しただけ、、、笑)

DDVP-15-01.jpg

DDVP-15-02.jpg

吸音材は多めに設定してるのホーン臭、ボーボー感は感じないと思います。
クセを感じたなら増やせばよいし、鳴りっぷり重視なら減らします。
posted by masamasa at 10:38| 自作スピーカー

2021年11月29日

世界は広い〜DIYオーディオ系SNS「diyAudio」会員数51万人オーバー

海外SNSに参加するようになって4〜5年たちましたが、最近では海外の方が追試してくれるようになりました。
とはいえ測定までしてくれる方はいなかったのですが、最近ベルギーのビルダーさんがSDDBH-T15.5R-ADを測定までしてくださいました。
他の方の測定結果は大変参考になります、感謝ですm(_ _)m

SDDBH-T15.5R-AD+MAOP11.jpg
かな〜り広い部屋のようです!!!

SDDBH-T15.5R-AD+MAOP11-f-response.jpg
見事にワイドレンジです。1/12octのスムージングが掛かってるので見やすいですね。
posted by masamasa at 09:16| 自作スピーカー

2021年11月28日

DDVP-20〜普通のTQWTにダンプダクトを付けてみた♪

長いこと眠っていたVISATON BG20のパフォーマンスを発揮できるよう大き目な箱(W.260xH.1050xD.330mm)を作ってみました。
15mm三六板1枚をフルに使って出来るだけ簡単な構造に。

DDVP-20-03.jpg

DDVP-20-05.jpg

DDVP-20-01.jpg

DDVP-20-02.jpg

visaton bg20 f-response.jpg
ダクト開口直前の特性は30Hz〜100Hzがほぼフラット。これは驚きだ!!!

visaton bg20 imp.jpg

試聴結果。
低音はチョッと緩い感じで瞬発力はイマイチ。
中高音は悪くはないが御値段也と言ったところです。
BG20購入時は3千円しませんでしたが、現在は4千円オーバーになってます。
とは言え、ユニットと箱で8千円以下なのでコスパはそこそこ高いかな!!!

posted by masamasa at 12:42| 自作スピーカー